Message from NEWoMan:"花の似合う女"

2018.2.8

2月2日(金)〜3月14日(水)の期間中、NEWoMan新宿が提案するライフスタイルテーマ『花の似合う女』を、アートディレクター小野寺美穂氏と共に、1Fと2Fのウィンドウディスプレイでそれぞれ表現しました。 
 
NEWoMan LIFESTYLE THEME
2018.2.2 (fri) – 2018.3.14 (wed)
 
『花の似合う女』
蕾が膨らむ頃、愛しいものへ思いを馳せる。
甘く香る風を受け、
浮き立つ気持ちが意志になる。
 

・作品にかけた想い
「花が似合う女」というテーマを表現するために、3月8日の「ミモザの日」に合わせ、ミモザの花を中心としたコラージュのデザインにしました。
ミモザの花と鏡をディスプレイすることで、NEWoManの前を通るお客様が鏡に映り込み、ウィンドウの中で花とお客様が交わることになります。床面にはヒヤシンスの球根を敷き詰め、花をモチーフにした雑貨やオブジェをコラージュのようにディスプレイすることで、春らしい華やかなウィンドウを作りました。このウィンドウで季節を感じ、春の訪れを楽しんでいただければ嬉しいです。

・皆さまへ
ウィンドウディスプレイでは、メンテナンスの手間などを抑えるために造花を使用するのが一般的ですが、フラワーアートの本場であるオランダやベルギー、フランスなどでは、花を美しくディスプレイするためには手間暇、コストなど、それらの労力を惜しみません。春には街中が花で溢れ、世界中のフローリストは勉強の為にこれらの国を訪れます。今回は、アートディレクター小野寺美穂氏の監修の下、日本国内では珍しい生花を使用したウィンドウディスプレイを制作しました。床面に置かれたヒヤシンスの球根は、時ともに花が咲き、ミモザの花はそのままドライフラワーになります。NEWoManの前を通るたびに変化するウィンドウを、楽しみにご覧ください。

 

・クリエイタープロフィール
小野寺美穂 / Miho Onodera
http://oom.jpn.org/